日本国内 情報 ・郵送方法 ・海外送金情報 役立ち情報

郵送方法

郵送方法

書類で手続きする場合はHSBC香港に直接郵送します。

HDBC香港宛先住所

書類は下記の宛先に送ります。

The Hong Kong and Shanghai Banking Corporation Limited,
P O Box 72677,
Kowloon Central Post Office,
Kowloon,Hong Kong

住所の書き方

英語で住所を書く場合は日本とは逆の順番で書きます。

日本語の場合

例)〒168-8001 (日本)東京都新宿区西新宿2丁目8-1

英語の場合

例)8-1 Nishisinjyuku2,Sinjyuku-ku,Tokyo,Japan 163-8001

料金と日数について

書類のみの場合定形郵便で送ることができますが、郵便局に持って行き重さと大きさを測ってもらえば確実です。発送もとの地域によって異なりますが一般的に1週間程度で届きます。

国際郵便:EMS Express Mail Service

日本から香港への郵便の場合「EMS」が便利です。普通の航空便が6日かかるところを2日で届けてくれますのでお急ぎの場合には便利です。また郵便物の追跡も可能ですので大切な書類がどこにあるかや、きちんとHSBCに書類が届いたかどうかも確認することができます。 詳細は日本郵便ホームページにてご確認ください。

EMS 国際スピード郵便 ー日本郵便ー

EMSの伝票は郵便局に設置されています。そちらに記入後に封筒に貼り付けて発送します。重量によっては料金が変わりますが、書類の場合は概ね「500gまで」の最安価格帯での取扱になるでしょう。

包装材(封筒)は封筒でも構いませんが、国際発送では特に扱いが雑なため破れないよう頑丈なものに入れてください。また専用の封筒も窓口で販売しています。普通の書類であれば50円のサイズです。書類の量が多い場合はマチ付きのやや大きい70円のタイプもあります。 専用包装材はA4サイズの用紙がそのまま入ります。

手続きの処理について

書類郵送での手続きはインターネットバンキングと比較して処理に時間がかかります。郵送の期間を含めても1週間以上はかかるケースがほとんどです。また書類の記入ミスや漏れがあった場合は処理されません。そのため、インターネットバンキングなどから状況を確認しながらお手続きされることをオススメ致します。

さらに詳しい情報が必要な場合は・・・

HSBCアシスタンスの限定ページでは手続の詳しい手順をご覧いただけます。お手続きに困った場合は是非そちらをご利用ください。

HSBCアシスタンス

アシスタンス用ページ

郵送方法

国際郵便の送り方が分からない方への詳しい解説、送料など詳細情報はこちらから。

かんたんHSBCお問い合わせ
HSBCサポート
Copyright(C)2013-2018 Kantan HSBC All Rights Reserved.