情報 ・口座種類 ・口座維持手数料 ・個人名義口座 ・投資口座
・クレジットカード

口座凍結について

HSBCの口座は長期間使用しないと凍結され出金などのサービスが停止されます。

凍結される条件について

12ヶ月間口座利用がない状態が続くと口座機能の一部が停止されます。この状態でもインターネットバンキングやATMからの普通預金残高の照会は可能です。※口座ランクによります。

更に24ヶ月間利用がない状態が続くとほぼ全ての機能が停止され、残高照会も出来なく なります。最終的に24ヶ月間の取引が無い状態での凍結になる1ヶ月前までに銀行より書面郵送による通知が届きます。この書面が届いたら速やかな対応が必要です。

口座凍結されているか確認する方法

・ATMやインターネットバンキングを利用して口座残高が照会できるか確認する。

口座が凍結されている場合は残高表示が「HKD Savings Balance Not Available」となります。

・ATMから現金が引き出せるか試してみる

※口座が凍結されていても口座への入金は可能です。ただし、残高があっても出金は出来ません。現金を移動するためには凍結の解除が必要です。

口座が凍結されてしまうと・・・

凍結を解除するには香港窓口またはホットラインでの対応が必要になります。香港への渡航や英語での電話など日本人にはハードルが高い部分も多いので、口座が凍結されないようにしておくことが重要です。

実際に口座が凍結されてしまうと口座からの出金が出来なくなります。香港に預け入れている資金が動かせなくなり、復活させるためには時間と手間がかかってしまいます。

期日までに送金したり、引出したいと思っていても口座が凍結されていると全く手立てがなくなってしまうので定期的に口座が動いているか確認することも必要です。

銀行手数料の引落し・残高マイナス

銀行の口座維持手数料が発生している場合はこの凍結期間の間も引き落とされ続けます。引き落とすための残高が不足すると借金状態になり2ヶ月後には支払意思が無いと判断され口座抹消となります。

口座抹消になってしまうと基本的にその口座の再開は不可能となります。

但し手数料引落しの「香港ドル普通預金(HKD Savings)」がマイナスでも外貨や定期預金などが残っている場合すぐに抹消されることはありません。

口座への入金

口座が凍結されていても入金は可能な場合があります。

凍結を解除する場合は香港現地で手続きし解除する必要があります。凍結解除についてはサポートが可能ですのでお困りの際はご相談ください。

口座凍結にならないために

口座内の資金が移動していれば口座凍結にはなりませんが、送金などができない場合は「口座内両替」をすることで口座の維持が可能です。インターネットバンキングのアカウント維持を含め最低1年に一度はログオンして両替をすることをおすすめします。

口座のサービス停止には段階があります

インターネットバンキングのアカウント停止

インターネットバンキングのログオン時にパスワード入力を3回間違えるとアカウントがロックされてしまいます。 この場合はインターネットバンキングの利用が出来ないだけで口座は利用できる状態です。口座からの出金、ATM現金引出しなどは利用出来ます。

ただし、ATMの引出し設定や送金はインターネットからの操作が必要ですので、早急に利用できる状態に戻しておくことをオススメいたします。

口座残高不足の場合

最低預金額を下回り口座維持手数料引落しされることで口座の残高がマイナスになってしまうと、借金状態になります。この状態が続くと自動的に口座閉鎖となり金融履歴がブラックになってしまいます。

口座を利用される予定が無い場合は必ずきちんと口座を整理することを強くおすすめします。

口座凍結の解除手続き

基本的には香港窓口での手続きが必要です。

窓口手続きに必要なもの

・ 身分証明証
手続きには銀行に届け出たパスポートが必要です。もしパスポートを更新している場合は新しいものと古いものを両方持参してください。

・ATMカード
裏面に必ず署名があるもの。

・サイン
手続きにはサインが必要です。口座開設時に登録したものを記入してください。

・その他
結婚や離婚などでお名前が変わっている場合はそれを証明できるもの(英語記載)も忘れずに持参してください。

口座閉鎖口座閉鎖
かんたんHSBCお問い合わせ
HSBCサポート
Copyright(C)2013-2018 Kantan HSBC All Rights Reserved.